*

緊張しやすい

追い込まれて助けて!と思ったらするべきこと

投稿日:

精神的あるいは経済的、環境的に追い詰められて助けを求めている人は、年齢・性別を問わず多く
います。ネット上には、毎日さまざまな「助けて」というメッセージが投稿されています。

中にはやらせやサクラもありますが、あなたも同じように助けをともめているなら検索してみると、
「助けを求めているのは自分だけじゃない」「辛いのは自分一人じゃない」と安心することができ
ます。

不安や緊張、恐怖を強くするのは孤独感です。ですので、助けてというメッセージを読んで、自分
以外にも不安や恐怖と戦っている人はいるということを知れば、気持ちは楽になると思います。
私も以前はひどいあがり症で、こんなにひどく緊張するのは自分だけだと思っていました。

でもネットで自分と同じように緊張している人がいることを知って、その情報から私があがり症の
症状を軽くするきっかけになった専門家監修のテキストのことを知ることができました。

SNS上に投稿されているさまざまな助けてというメッセージ

現代社会は大人も子供も悩みが多い時代です。
とくに思春期の子供たちは、大変な悩みの中で生活をしています。

SNSを見てみると思春期の助けてというメッセージで、あふれかえっていました。
「親とケンカして家を追い出された」「学校でいじめにあっている」「お金がなくて大学の授業料が
払えない」「友達がいなくて寂しい」など…。

ただこうしたメッセージの多くは出会い系サイトのような内容のものが多いです。本当に悩みを抱え
ていて、自分と同じ悩みの人に出会いたい場合は、SNSよりもYAHOO!知恵袋やいじめ、虐待などのトラ
ブル専用のコミュニケーションサイトなどを利用しましょう。

助けて欲しいと感じることができたら

もしあなたが辛くてしょうがなくて「助けてほしい」と思うようなことに遭遇した場合は、まず
逃げ道を確保することからはじめてみましょう。

限界が来てから逃げ道を探すと冷静に判断できないので、間違った方向へ逃げてしまう可能性が
あります。ですので、できれば限界が来る前に逃げ道を確保してください。
もし今すでに限界が来ている場合は、あなたが直感的に安心できる方向へ逃げましょう。
甘えているとか、非常識という考えはいったん置いておいて、あなたの逃げたい方向へ逃げてください。

そして、助けてほしいと感じたときは休みが必要ということを知っておきましょう。
あなたは今1㎜の余裕もない状態になっているので、ゆっくり休んで疲れをとってから復帰してください。
助けてほしいという感情は、あなた自身からのSOSなのでここで無理をしないでくださいね。

また冷静じゃなくなっているときにあれこれ考えてもいい答えは出ないので、ゆっくり睡眠をとって
ください。何も考えないでリラックスできる音楽を聴きながら睡眠をとれば、頭はリフレッシュでき
ます。そして、「今は何もできないから、何もしないでいい」と自分を許してあげましょう。

学生の場合は登校拒否になってしまうし、社会人の場合はニートになってしまいますが、人生でそう
いう期間が数年ある人のほうが人の痛みをよく理解できる人になれます。ただ逃げても何も変わらな
いという大前提は理解しておきましょう。

しっかりと休憩を取ったら、計画的に行動をして休んでしまった分を少しづつ取り戻す必要があり
ます。今はその態勢に入るための休憩だと思いましょう。

態勢を整えるための休憩中にしてほしいこと

助けてほしいと思っているときにしっかり休むことは、次の態勢を整えるために必要です。
その休憩中には、できるだけ疲れや悩みを解消しておく必要があります。

でも助けを求めるほどに追い込まれてしまう人は、疲れや悩み、イライラを解消するのが下手です。
私も以前は緊張をほぐすのが下手というか、方法がぜんぜんわからずいつもちょっとしたことですぐ
に緊張していました。

ストレスを解消する方法を知っておけば、ため込まないで済みます。調べてみると、人のせいにする、
紙にイライラしてることを書きなぐって破ってゴミ箱にたたきつける、一人カラオケに行き熱唱する、
買い物に行っていつもよりも高い服を買う、日帰り旅行や映画などの現実逃避できることをするなど。

口コミには「今まであった嫌なこととか辛いことを全部思い出して思いっきり泣く」「運動をすると、
ふつうに気分がすっきりする」「仲のいい友達に電話して愚痴る」などの方法がありました。
他には家族や先輩に相談するのも効果的だと思いますが、周りに誰もいない場合はカウンセリングを
受けましょう。

いざとなったら全部を捨ててしまおう

もしあなたが今の状態に限界が来て、助けてほしいと思っていても誰も助けてくれない場合は、
すべてを捨ててしまいましょう。

学校をやめても人生が終わるわけじゃないし、会社をやめても人生が破綻するわけでもありません。
離婚してもそれで一生孤独に暮らすわけでもないし、友達と縁を切っても一生友達ができないわけ
ではないのです。

今あなたが手にしているものすべてを捨てても、大したことはないことを知っておきましょう。
実の家族でもうまくいっていない場合は、縁を切ってしまえばいいのです。本当の家族がいても、
疎遠で何年も会っていないという人もいます。

どんなに悩んでいる人でも最終的には3つの悩みしかない

人生に疲れてしまったり、絶望してしまったりして、助けてほしい、死にたいと思っている人でも
その悩みを紐解いていくと最終的に3つの悩みに絞られます。

それは体の悩み、心の悩み、頭の悩みです。
お金がなくて辛いと思っている人は食べ物が買えないから生きていけないという体の悩みを抱えて
います。その裏には「仕事についていけない」という悩みがあるかもしれませんが、これは頭の
悩みに入りますね。

でも体の悩みは規則正しい生活を送り、暴飲暴食をしなければ解決することがほとんどですし、
心の悩みも体が健康になれば改善することがほとんどです。また頭の悩みは勉強ができない、賢く
ないなどがあるかもしれませんが、それは習慣と思い込みが影響しています。
早めの行動を心がけてなんでもメモするようにしてください。

人間の記憶力はとてもあいまいなので、すぐに忘れてしまいます。それが仕事や家事、育児のミスに
繋がってしまうのです。ですので、常にいろんなことをメモしておけば、ミスは減っていきます。
このように3つの悩みにはそれぞれ解決策があるのです。

心の問題は実は体の問題ということが多い

うつ病や精神疾患、不安や恐怖などの精神症状は、実は体の問題ということが多いです。
ですので、難しく考えず体の状態をよくしましょう。

例えば暗い発想に囚われていたり、暗い気持になっていて、「助けて。もう死にたい」と思っている
人で姿勢のいい人はいません。暗い発想になっているときは前かがみになり、猫背になっています。
これは不安から心臓を守るために背中を丸め、肩を内側に入れているのです。

ですので、胸を張って背中をまっすぐにしましょう。いつも猫背な人は自力で姿勢をよくすることが
できないので、床に5分寝てください。できればタイマーをセットして、目を閉じて、何も考えないで
5分間過ごしましょう。

そして起き上がれば丸まっていた背中はまっすぐになっているので、今までよりも前向きな発想に
なっているはずです。

栄養バランスのとれた食事を心がけて

落ち込んでいるときに正しい姿勢でいる人がいないのと同じで、落ち込んでいるときに栄養バラ
ンスの整った食事をしている人はほとんどいません。

ですので、栄養バランスのとれた食事を意識的にとりましょう。
肉類、魚、野菜、果物、穀物、豆類、果物など、さまざまな食品をスーパーに買いに行って、バラ
ンスよく選んで食べてください。そうすることで心も健康的になれます。

私は人生で一番暗かったときは、インスタント食品とカップラーメンばかり食べていました。
まともな栄養を取っていなかったので、まともな発想にならなかったのだと思います。
人は食べたもので出来ているので、健康的なものを食べてさえいれば、強く健康的になれるのです。

身近な助けがない場合はどうしたらいいのか

生活をしていると命に係わるような悩み事やトラブルも起こりますが、ほとんどはもっと軽いもの
です。ちょっとした困りごとを相談できる友達や恋人がいない場合は、どうしたらいいのでしょう。

そういう場合はネットで対処法を検索してみると、高確率でどうすればいいのかがわかります。
大学の課題を早く片付けるコツ、お風呂の家のお湯が緑色になったときの対処法、わらび餅を冷凍
してしまったときの解決策…など多種多様な問題の答えが書かれています。

こうしたちょっとした悩み事は放置してしまう人が多いですが、実はこうしたちょっとした悩み事を
放置してしまう人は、重大な悩み事も放置してしまう傾向にあります。自分の身に起きたトラブルを
自分で解決するのが苦手だったり、まだ解決できない年齢だったりするのです。

ですので、普段から小さい問題でもどうすればいいのかを考えて、コツコツ解決する癖をつけておく
といいでしょう。

助けてというメッセージは母子家庭から発信されることが多い

テレビ局へ「助けてください」という手紙やメールが届くこともありますが、その多くは母子家庭
だといいます。母子家庭の母親は、仕事を見つけられない傾向にあるからです。

子どもが小さければ小さいほど、保育園の時間に合わせて仕事を選ばないといけなくなります。
ですのでどの業界も人手が必要な土日には出勤できないし、子供の体調不良で急に休むことになった
りするからです。

こういう場合は「貯金があと数千円しかなくて、子供を食べさせてあげられない」「制服を買うお金
がない」「体調を崩したけど入院することができない」などの悩みを抱えています。
母子家庭で貯金があるのは40%といわれていて、貯金がある家庭でもほとんどが非正規雇用なのです。
ですので、生活が困窮しやすいのです。

こうした場合は母子家庭手当をもらったり、自治会の無料の託児所を利用したり、メルカリなどを
活用して工夫してみると、少しは生活に余裕が生まれます。また母子家庭の母親がよくしている節約
は「100均で買ったハサミで自分と子供の髪の毛を切っている」「休みの日はショッピングモールな
どに出かけて冷暖房代を浮かしてる」などの方法がありました。

三十代は助けてといえないことが多い

会社において三十代は助けを求めにくい年齢です。
これは昔からあることではなく、現代社会がそうしてしまったところがあります。

昔は三十代というとそれぞれの職のスペシャリストになっていました。しかし、現在は二十代のうち
に人材育成をする会社が減っているので、三十代になっても仕事のスキルが身に付かない社員が多い
のです。

とくにリーダーシップや後輩育成のスキルは上司になってから初めてする、ということが多いので、
後輩の育て方がわからず、また人材育成をされないまま三十代になる社員が生まれてしまうのです。
ですのでビジネス本を読んだり、セミナーに通ったりして、自分なりの方法を考えてみましょう。

また三十代じゃなくても助けて欲しいと思っても言えない場合もあります。
それは、原因が自分にある場合です。

例えば中学校時代に勉強をぜんぜんしないでいて、入学できるのが専門高校しかなく、ぜんぜん
興味のない学校に入学して、その専門高校を卒業してしまったからそのジャンルの会社にしか
就職できず、まったく興味のないやりたくもない仕事に就くハメになってしまった場合です。

「人生が台無し…」と思いつつ、自分のせいなので誰に文句を言っていいのかわからないという
状況になってしまっているのです。

小さい成功体験を積み重ねて自信を取り戻そう

助けてと思ったときは、後先考えずにとりあえず逃げて、ゆっくり休む必要があります。
でもその後で、きちんと復帰しなければならないときはいつか来ます。

そのときに復帰の仕方を知らないでいると、どんどん復帰が先延ばしになって無職の期間が延びて
しまいます。そこで社会復帰のためのコツを知っておきましょう。

まずプライドを捨ててください。あなたは自分のせいではないかもしれませんが、一度大きく失敗を
していて、逃げ出しています。キレイな経歴ではなくなっているので、それを受け入れましょう。
そして、自信を取り戻せるように小さな成功体験を積み重ねてください。

料理がおいしくできた、欲しいものをきちんと買えた、家事を予定よりも早く済ませることができた、
ガーデニングで楽しみにしてた野菜を収穫できたなど、なんでもいいので毎日ノートにその日の成功
体験を記録してください。

それを少しづつ重ねていくと成長することができますし、自分の状態を底上げすることができます。
次に助けてほしいと思ったときは、今ほど落ち込むことはありません。

Q1自分の浮気のせいで離婚の危機に助けてほしいくれませんか?

A:こうした自分が原因の場合も助けてほしいと思ってしまうのが、人間ですよね?
でも周りに助けをすぐに求めると、奥さんだけではなく友達も失いかねません。

ですので、できるだけ自分でやっていきましょう。ある程度の環境が安定してから友達に助けを求め
た方が助けてもらえる可能性が高いです。ですので、離婚して半年間は一人で頑張ってみましょう。
あなたが本気で反省し、頑張っている姿をみて友達が手を差し伸べてくれるかもしれません。

Q2同棲中の彼氏が犬を飼い始めたけど世話をしてくれないので助けてくれませんか?

A:同性カップルのトラブルはよくあります。結婚をしていないので「なんで結婚してないのにここ
までしないといけないの?」という不満を持ちやすいからです。

例えば買い始めた子犬の世話を彼氏がしないから、彼女がすることになる…なんていう話はよく聞き
ます。逆もありますよね。そういう場合は、世話ノートをつくり、何の世話をどちらがするかを決め
ておきましょう。またカレンダーに散歩の当番なども書いておきましょう。

カレンダーには予定だけではなく、実際に行ったのはどちらかを書いておくと、「最近どっちか
ばかりが散歩に行ってる」などでケンカをしないで済みます。また犬の世話のマニュアル本も買って、
きちんと読んでおきましょう。

Q3浮気をした彼女にひどいことを言ってしまったけど、どうしたらいいでしょうか?

A:浮気をされたのならあなたは被害者なので、自分を責める必要はありません。
また彼女も浮気をしてしまったという罪をひどいことを言われることで、プラマイゼロにできたはず。

ですので、自分を責めないで次の恋へ進みましょう。また彼女がどうして浮気したのかを考え、
浮気をしたくなったのは寂しかったからではないかとか、デートが手抜きだったからではないかとか、
考えて、次の彼女を浮気させないようにそちらを反省しましょう。

Q4自分の肌が汚くて自信を持てないので、助けてください

A:肌が汚いのは洗顔の方法が間違っているからです。汚い肌をキレイにするために、ゴシゴシ洗って
いませんか?肌はとても薄いので、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

また肌をゴシゴシ洗いしている人は、髪の毛もゴシゴシ洗いをしています。頭皮が傷ついて薄毛に
なってしまう原因になるので、頭皮は指の腹で優しくマッサージするように洗ってください。

また肌が汚いだけではなく、容姿そのものが汚いと感じる場合は醜形恐怖症という精神疾患です。
自分のことを醜いと感じてしまう病気なので、きちんと対策を打ちましょう。

他にも助けてほしいと思っている原因がうつ病だったり、強い不安や緊張に急に襲われることだった
りする場合は、私があがり症を克服した専門家監修のテキストを読むといいと思います。
悩み事を解消するヒントが書かれていると思うので、参考にしてみてください!

-緊張しやすい

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2018 All Rights Reserved.