*

知識

メジャートランキライザーは飲んではいけない?

投稿日:

精神面の調子が悪いと心療内科を受診することがあります。最近は昔よりも心療内科が身近になって
来ているので、珍しいことではありません。私もひどいあがり症が社交不安障害(SAD)という病気だ
と知ってから、心療内科を受診して精神薬をもらっていた時期もあります。

ただ精神薬の中には、副作用が強いものもあります。精神的な不調が悪化して、自殺願望が芽生えて
しまうものもあります。医師の指示通りに飲んでいても副作用が出ることがあるから、私はできる
だけ薬には頼らないで治療をしたほうがいいと思います。

ちなみに私には専門家監修のテキストが効果的でした。今までの物事飲み方の偏りを修正してもらえて、
小さいことで緊張することがなくなりましたよ。

メジャートランキライザーは抗精神病薬

精神疾患に使われるメジャートランキライザーは、中枢神経に作用するといわれています。
それにより、統合失調症の症状を抑えてくれるのです。

統合失調症の患者は妄想や幻覚などで頭がいっぱいになり、目の前のことに集中できなくなったり、
注意力散漫になってしまいます。これで勉強や仕事がうまくいかなくなり、人生に挫折してしまう
人もいるのです。

メジャートランキライザーは、統合失調症の妄想や幻覚を抑える効果が期待できます。
妄想などで感情の高ぶりや興奮状態になるのを抑えて、安定した精神状態にするといわれています。
ただ抗精神病薬として効果が強いメジャートランキライザーは、副作用も強いです。
ですので飲み始める際には、副作用などのデメリットをしっかり知ってからにしましょう。

メジャートランキライザーの恐ろしい副作用

効果が強いメジャートランキライザーは、副作用も強いです。
代表的な症状は錐体外路症状(薬性パーキンソン病)、悪性症候群などがあります。

薬性パーキンソン病とも言われている錐体外路症状は、動作が遅い、声が小さい、歩くとふらつく、
歩幅が著しく小さい、手が震えるなどの症状があります。また悪性症候群は発熱・発汗、精神症状
血圧の急激な変動などの症状が観られます。これは自律神経に関する症状で、中枢神経は脳と脊髄
からなるもので、自律神経の大元です。

そして自律神経は体中に張り巡らされているので、メジャートランキライザーの副作用は全身的になっ
てしまうのです。

メジャートランキライザーを飲むのは最終手段

抗精神病薬といわれているメジャートランキライザーは、とても強い効果が期待できる薬です。
ですので、処方されるのはまずそれよりも効果が穏やかな薬からです。

マイナートランキライザーという抗不安薬、精神安定剤の方が効果が穏やかで副作用も軽いため、
薬の飲み始めに出ることが多い体調不良の報告もメジャートランキライザーよりも軽いといわれてい
ます。

ただメジャートランキライザーとマイナートランキライザーは、処方される精神疾患が違います。
メジャートランキライザーは統合失調症、うつ病、双極性障害に、マイナートランキライザーは不安障害、
うつ病、適応障害に処方されます。

双極性障害とはそう状態(ハイテンションで行動的)とうつ状態(気力が低下し落ち込みやすい)を
交互に繰り返す精神疾患のことをいいます。また適応障害とは特定の場面や出来事が耐えられない
精神疾患で仕事や学校を無断欠席してしまったり、物を壊すなどの衝動的な行動に出てしまいます。

また精神薬の中には慢性的な脳疾患が原因でけいれんや意識の低下などを引き起こすてんかん、
衝動性のある行動、注意力の低下などを引き起こすADHD専用の薬もあります。

メジャートランキライザーは症状を抑えるだけなので治療にはならない

メジャートランキライザーは、ただ単に症状を抑える効果が期待できるだけです。
統合失調症やうつ病、双極性障害の根本的な治療にはなりません。

他の精神薬にも言えることですが、メジャートランキライザーは表れる症状を抑える効果が期待でき
ますが、症状そのものが出なくなるわけではありません。つまり一生飲み続けないといけなくなる
可能性もあるのです。

精神薬は一般的な風邪薬などに比べて高額ですし、長期間服用すればそれだけ副作用が出やすくなり
ます。また精神薬は中毒性のある成分を含んでいなくても、精神的に依存してしまう傾向にあります。
私もひどいあがり症だったころに、常に心療内科で処方されたSSRIをもっていないと不安でした。

自分で「薬物中毒の人みたいだな」と思い、薬に頼らない方法で治すことに決めました。

メジャートランキライザーよりも多く処方されるSSRI

メジャートランキライザーは効果が強いため、多く処方される薬ではありません。
それよりもSSRIの方が、いろいろな精神疾患に処方されています。

SSRIは脳内の伝達物質であるセロトニンが脳内神経(シナプス)に再取り込みされるのを阻害する
効果が期待できます。これにより脳内にセロトニンが増えます。セロトニンはリラックスしたとき
や快楽を感じたときに多く分泌される物質で、精神疾患の患者には不足している傾向があります。

メジャートランキライザーは自立神経に影響する中枢神経に働きかける効果が期待でき、自律神経の
バランスが整えば、リラックスできてセロトニンが分泌されます。でも直接的にセロトニンを増やす
効果は期待できません。

SSRIはメジャートランキライザーほど強い副作用はありませんが、吐き気やめまい、頭痛などが報告
されています。また依存性もあるので、長期間の服用はできないです。

メジャートランキライザーの強い鎮静作用

メジャートランキライザーには、強い鎮静作用があります。
統合失調症などの妄想や幻覚、自殺衝動などを抑えるためです。

しかし強い鎮静作用は体にとても負担になります。
副作用としては不眠、不安、頭痛、めまい、体重が増える、脳障害などがあります。
とくに脳障害が出たら、統合失調症やうつ病などの精神疾患はさらに悪化することが考えられます。

精神疾患は心の病気です。心は脳にあるので、精神疾患の人は脳に何かの異常が起こっていることが
多くあります。脳にこれ以上負担をかけるのはよくないので、私は薬以外の方法で精神疾患を抑えた
方がいいと思います。

薬以外の精神疾患を抑える方法

薬以外の精神疾患を抑える方法は、いくつかあります。
例えば優れた音楽を聴くことです。

優れた音楽は優れた性行為と同じくらい快楽があるといわれているので、快楽ホルモンであるセロト
ニンが多く分泌されます。心地よいと感じる音楽は人それぞれ違いますが、ヒップホップなどの単調
な音楽ではなく、抑揚のある音楽を聴いた方が脳にいい刺激となります。

医学的にも効果が証明されているのはモーツァルトの音楽ですね。
他にはリラクゼーション音楽があるので、感情が高ぶったときにはそうした音楽を聴きましょう。

他には有酸素運動を行うことで呼吸が安定し、呼吸と密接に関係している自律神経も安定します。
ジョギング、水泳、ヨガ、ティラピスなどに挑戦しましょう。体を動かすことで筋肉がほぼよく壊れ、
それを再生させるために細胞が生まれ変わるといわれています。

この時に老化が進んでいる細胞も生まれ変わる効果が期待出来るので、精神疾患のストレスでボロボロ
になっている肌や疲れている筋肉の再生を促します。筋肉は一度壊さないと再生されないので、適度な
運動を定期的にして、細胞が常に生まれ変わっている状態にしましょう。

運動が苦手という人は正しい姿勢で過ごす、定期的に思いっきり伸びをする、人駅前で降りて家まで
歩くなど生活習慣を少し変えて体を動かす機会を作ってください。

メジャートランキライザーは他の薬と併用できる?

メジャートランキライザーは、他の薬と併用することはできます。
でも薬によってはできないものもありますし、使用してはいけない患者もいます。

まず併用禁止の薬は、エピネフリンという薬は併用が禁忌といわれています。
それ以外の薬はとくに併用禁忌ではありませんでしたが、併用したい薬がある場合は必ず医師に相談
してからにしましょう。

とくに「市販薬は大丈夫」と誤解して自己判断で併用してしまう人もいますが、実際には市販薬でも
処方薬と併用が禁止されているものはあります。薬を自己判断で増やしたり、減らしたり、併用したり
は絶対にしないでください。

メジャートランキライザーの含有量を減らせない場合は

メジャートランキライザーの錠剤には、何種類かあります。
成分の含有量を減らすと、統合失調症やうつ病の症状が悪化してしまう場合があります。

でも、薬だけに頼っていてもいつまでたっても治りません。
また成分の含有量をどんどん上げていくと、依存症になる可能性が高くなるし、副作用が出てしまう
可能性も高くなります。

ですので、薬だけに頼らない方法で精神疾患を改善しましょう。
精神疾患を改善するためには、ドーパミンの働きを抑える必要があります。
ドーパミンは興奮しているときに多く分泌される物質で、統合失調症の妄想や幻覚が出ているときや
うつ病のイライラ・緊張が出ているときなどに、活性化します。

メジャートランキライザーには、このドーパミンを抑える働きが期待できます。
しかし、薬以外にもドーパミンを抑える方法があるので試してみましょう。

ドーパミンはやる気や意欲を高める物質でもありますが、増えすぎるとイライラしやすくなったり、
神経が高ぶってしまいます。そこでセロトニンの材料になるトリプトファンを多く含んでいる食べ物
をとりましょう。

アーモンドやナッツ、大豆食品、乳製品にはトリプトファンが豊富で、トリプトファンの働きを助ける
ビタミンB6はレザーや赤身の魚に多く含まれています。ドーパミンが分泌されすぎている人は、肉類
や添加物が入ったインスタント食品やレトルト食品などを食べすぎている傾向があります。
食事はその人の体だけではなく、精神もつくるので気を使いましょう!

不眠症の人は眠りにくい生活習慣を送っている

統合失調症やうつ病の人は、不眠症も併発している人が多いです。
睡眠不足になったり、生活のリズムが崩れたりすると、精神面に悪い影響を与えます。

統合失調症やうつ病の人は、「精神疾患だから眠れない」と思い込んでいます。
でも実際には眠りにくいような生活習慣を送っているのです。

眠れないという前提でベッドに入ってすぐにスマホをいじったり、嫌なことを思い出したくないから
大きな音でうるさい音楽を聴いたり、寝る直前までテレビを観たり…。
こうした行動をしていると、どんどん脳が活性化して眠る状態ではなくなってしまいます。
ですので、本を読みましょう。

明るい内容の小説を読むことで現実逃避もできるし、活字を読むと眠くなる人が多いので効果が期待
できます。また無音の状態で本を読むのは脳が休まるから、眠りやすくなりますよ。
熟睡できれば、翌日の精神状態はよくなるので、これを繰り返しているうちにだんだん精神も落ち着
いてきます。

ドーパミンを増やす食べ物や習慣を避けて生活しよう

ドーパミンを増やしてしまう食べ物や生活習慣を改善すると、精神疾患は改善していきます。
ドーパミンを増やすため物はカフェインと辛み成分のある食べ物です。

カフェインはチョコレート、ココア、コーヒー、緑茶などに含まれています。
辛み成分は唐辛子、キムチなどがあるので、1日の摂取量を超えないように気を付けましょう。
また辛み成分をとりたい場合はお菓子などではなく、みそ汁に小さじ1唐辛子を入れるなどの健康に
いい方法にしましょう。

唐辛子をみそ汁に入れると、体温をあげて血行を良くしてくれるし、みそ汁の乳酸菌も一緒にとれる
ので刺激で胃腸があれてしまう心配もありませんよ。

精神の安定が取れずにすぐに怒ったり泣いたりしてしまう場合

もしメジャートランキライザーの服用を検討しているあなたが、精神的に不安定になっている場合は、
疲れがたまっているのかもしれません。

ですので、休息をとりましょう。1日の終わりにリラックスできる時間を15分でもいいのでとって
ください。好きな音楽を聴きながらだらだらする、好きなドラマを見ながらお菓子を食べる、こうした
息抜きの時間をもっていないと、精神的に休まりません。

私は以前ひどいあがり症だったころ、1日の終わりにきちんと息抜きをすることができませんでした。
嫌なことを考えたり、起こってもいないトラブルを想像して「これが現実になったらどうしよう」と
不安で頭がいっぱいになっていたのです。

でもきちんと1日の終わりにリラックスする時間を作ったら、精神的に楽になりました。

Q1メジャートランキライザーを飲むと働けなくなるって本当ですか?

A:メジャートランキライザーを飲むとリラックスする効果が期待できます。しかし、その効果が
仕事などで意欲的にならないといけないときにも出てしまい、やる気を失うことがあります。

そうなると仕事に集中できなくなり、効率が悪くなります。残量が増えて、徐々に仕事に対する意欲
を失ってしまう傾向にあるのです。ですので、私はメジャートランキライザーではなく、薬には頼ら
ない方法で精神疾患を改善した方がいいと思います。

例えばその日にやらないといけないことと制限時間を付箋に書いてパソコンに貼り、1つ1つこなして
いけばダラダラと仕事をしなくなるので、意識的に効率よく働くことができます。

Q2メジャートランキライザーとマイナートランキライザーで効果が強い種類は?

A:メジャートランキライザーではルパトロン、マイナートランキライザーではリボトリール、ハルシ
オンなどが効果が強いといわれています。

しかし、メジャートランキライザーでもマイナートランキライザーでも、医師があなたの症状に
会わせて処方するので、自分で希望することはできません。市販薬では売っていないので、必ず病院
で診察を受けて処方してもらう形になります。

Q3メジャートランキライザーを飲む以外でうつ病を克服する方法はありますか?

A:あなたが興味があることを少しづつ実践していくこと、好きなことときちんと向き合い楽しむこと
が効果的です。一見きれいごとのように聞こえるかもしれませんが、こうしたことときちんと向き合
うことは自己実現につながります。

人の幸せはどれだけ自己実現ができているかで決まるので、人と比べないであなたの好きなことを
きちんとやりましょう。

Q4メジャートランキライザーを飲んでみたけど、やめたい場合は?

A:精神疾患への薬を急に辞めると、副作用が出てしまう可能性があります。
とくにメジャートランキライザーは副作用が強いので、注意が必要です。

医師に相談しつつ、少しづつ飲む量を減らしていきましょう。
そして、薬をやめている途中に専門家監修のテキストを読んで、薬に頼らない対策を実践してみて
ください。そちらで効果が出れば精神が安定しやすいので、薬を減らすペースを速めることができます。

精神疾患になる原因は多種多様すぎて、自分で特定するのは難しいです。
また医師がカウンセリングで引き出すのにも時間がかかるので、原因を考えることはやめてまずは
抵抗なくできそうな対策を少しづつ初めてください。

精神面が回復して、余裕が出てきたときに原因を発見するということもあるので、原因追及よりも
まずはできる対策をコツコツやっていきましょう。

私は専門家監修のテキストを読んで、自分の考え方がとても偏っていることに気が付きました。
精神疾患になる人はまじめで自分の中のルールに忠実に従うあまり、物事の見方が偏っている人が
多いそうです。テキストはそれを治すきっかけになると思います。

-知識

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2018 All Rights Reserved.