*

あがり症の薬

デパスはあがり症に効果があるとは限らない?

投稿日:

あがり症で悩んでいる人は多いですが、適切な治療を見つけられている人は少ないです。
あがり症は病気という認識が広まっていて、病院で薬を処方してもらう人が多いです。

でも薬の効果には個人差がありますので、確実にすべての人に効くわけではありません。
しかも薬には副作用があるから、緊張がなくなっても吐き気やめまいで会社や学校が辛くなって
しまう人もいます。

私もデパスという薬を処方してもらったことがありますが、途中で断念しました。
今は専門家が監修したテキストであがり症を克服する方法で、効果を得ています。
あがり症は生活の質QOLを下げてしまい、人生の充実度を落としてしまいます。
適切な治療法を見つけて、あなたらしい生活を取り戻しましょう。

あがり症に適切な治療が必要な理由

あがり症に治療が必要というと、大げさと思うかもしれません。
でもあがり症の人が病院へ行くと、SAD(社交不安障害)という病気と診断されるのです。

人前に出るとき、異性と話すとき、初対面の人と話すとき、苦手な人と話すとき。
一般的に緊張しやすい場面でひどく赤面したり、声が上ずったりしてしまったりして恥ずかしさを
感じ、もっと緊張するようになってしまうという悪循環に陥っているのが主な症状です。

「私はこういう性格だから」と諦めてしまう人もいますが、あなたに合う治療をすれば効果は得られ
ます。

あがり症にはデパスが効果があるといわれている

あがり症の治療を病院で受けると、薬を処方されます。
抗不安薬を処方される人が多いのですが、私はデパスを処方されました。

デパスについて調べてみると、抗不安薬という種類の薬でした。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬で、ソラナックス、コンスタン、レキソタン、レスタスなどと同じ種類
です。

脳内の感情をコントロールする部分に作用する効果が期待できて、ガンマ・アミノ酪酸(GABA)の
働きを活性化する効果が期待できます。GABAは緊張をして神経が過剰に興奮してしまうのを抑える
働きがあるといわれています。

GABAを増やすことで気持ちが落ち着き、緊張や不安を抑える効果が期待できるのです。
セロトニンを増やしてリラックスさせるSSRIもよく処方されますが、効果が出るまでに時間がかかる
といわれています。デパスは即効性が期待できます。

でも私の場合は、効果があまり実感できませんでした。
だんだん薬を飲み続けること自体が辛くなり、医師の指導のもと徐々に飲む量を抑えてやめたのです。
薬は効果がないとがっかりしてしまうし、副作用も出てしまうのでよくないなと個人的に思いました。

薬物療法はただの対処療法

抗不安薬であるデパスやβブロッカーと呼ばれる心拍数を抑える薬を使って、あがり症の治療をし、
効果を実感している人もいます。でも、完治は難しいです。

抗不安薬は緊張することの不安を抑える効果が、βブロッカーは緊張で心拍数があがるのを抑える
効果が期待できます。でも、もし薬があっていて効果があっても緊張してしまうことそのものまで
は治せません。

口コミに「抗不安薬を2年くらい飲み続けていて、緊張することが減った」というものがありました。
本人は納得しているようでしたが、私はずっと薬を飲み続けないといけないことに疑問を感じます。
薬に頼らない方法で緊張しにくい人になった方がいいと、私は思います。

デパスは抗不安薬の中でも効果が強いといわれている

抗不安薬にはデパスのほかにも、レキソタンやリポリトールなどがあります。
デパスは、その中で平均よりも少し効果が強いといわれている種類です。

そのデパスでも緊張がやわらがないとなると、レキソタン、リポリトールと抗不安薬をどんどん強い
効果が期待できるものにしていかないといけません。効果が強いということは副作用も強いということ。
めまいや吐き気、立ちくらみなどで生活に支障が出てしまうかもしれません。

また抗不安薬は飲み続けていると、だんだん利かなくなってきます。
さらに強い薬にしないといけないので、副作用などのリスクも上がっていきます。
対処療法でしかないから、緊張しなくなることはありません。

口コミでは「デパスを飲み始めてから緊張がやわらいで、人前が平気になった」というものがあり
ました。でももしデパスを飲むのをやめて緊張してしまうと、薬がないと生きていけなくなります。
ですので、私は最初から副作用の心配もない薬以外の方法を選んだほうがリスクが少ないと思います。

デパス依存症になってしまった人の体験談

デパスは効果が強いといわれている薬です。
ですので、相性がいい人だと飲んだ30分後には緊張しなくなります。

ある男性の体験談には、この優れた効果が原因で依存症になってしまったと書かれていました。
男性はデパスは効果が出てくるまで30分かかるので、仕事で緊張する場面になる30分前に飲んで
いたそうです。

最初は週に1回の朝礼のあいさつのときだけだったのですが、部長が変わり、朝礼を毎日することに
なったそうです。そして、朝礼で連絡事項を報告する係になってしまい、毎日デパスを飲むように
なり、だんだん緊張する場面があるたびにデパスを飲むことになっていったそうです。

デパスは制限量を守って飲んでいても、副作用が出ることがあります。
体験談の男性は頭痛がひどく、頭痛薬を飲んで、その副作用で胃が荒れて、胃腸薬を飲んでいたそう。
デパスだけではなく頭痛薬・胃腸薬ものまないといけなくなり、現在数種類の薬を常用していると
いいます。

こうした体験談を読むと、私は薬であがり症を治療することにますます疑問を持ちます。
私の場合は薬以外の方法で治療したので、依存症にならずに済みましたよ。

デパスの制限量や副作用の症状

デパスの制限量や服作用の症状を、まとめてみました。
また副作用ではなく、薬を飲んだらしてはいけないこともいくつかあります。

まず制限量は1回1錠、1日3回までです。これ以上飲むと健康を害する可能性があります。
また飲むことを忘れたからと言って、1回に2錠まとめて飲むのも危険です。
服用している間は、眠気や注意力の低下、反射運動能力の低下などがあるので、車の運転などの
注意が必要な作業や仕事はしないでください。

またアルコールを飲むと薬の作用を強めてしまうことがあるので、飲まないようにしましょう。
デパスを飲んでいると仕事に支障が出てしまう可能性がある上に、運転や飲酒を好きなタイミング
でできないので、とても不便ですね。

デパスを飲めない人の条件

デパスは飲める人と飲めない人がいます。
あがり症になっている原因が身体的な障害という人もいるので、気を付けましょう。

あがり症に効果が期待できるデパスは、緑内障、重症筋無力症、心障害、肝障害、脳の器質的障害、
子ども、高齢者、衰弱体質、中度以上の呼吸障害がある人は、服用することができません。

またデパスの副作用には「気力が低下する、体がだるくなる、集中力が低下する」などの症状も
あります。あがり症でうつ症状が出ている人がデパスを飲んでしまうと、やる気が低下して、
会社や学校に行く気力がさらになくなってしまうと私は思います。

デパスはさまざまな場面で処方されている

デパスは依存症になってしまう人もいますが、さまざまな症状に処方されている薬です。
抗不安薬として、日本で一番処方されているといわれています。

あがり症以外にはパニック障害、自律神経失調症で交感神経(興奮や緊張すると優位になる)の
働きが抑制できなくなっている人などに処方されているのです。

1回3㎎までという量をしっかり守り、日常的にではなく緊張する場面の前だけ部分的に飲めば
依存症になりにくいのですが、あがり症の人がすがってしまうことが多いため、実際には依存に
苦しんでいる人もいます。依存症になると重度の副作用が発症しやすいです。
例えばかゆみ、発心などの肌症状、そして言語障害などです。

あがり症の人は緊張すると、自分がなにをしゃべっているのかわからなくなってしまいます。
言語障害が出てしまうと、ろれつが回らなくなってしまったり、話ができなくなってしまったり
します。

デパスを処方されたらテスト期間を3日間くらい設けて、服用後どんな風になるかを確認してみま
しょう。依存症にならないためにはデパスを一度飲んだら、効果が抜け切る5時間後まではもう
一度服用しないことです。

またいきなり毎日3回飲むのではなく、緊張する場面でだけ部分的に服用してみることにしましょう。
それでも依存してしまうという場合は、比較的緊張する度合いが少ない場面では飲まないなどの
ルールを作ってください。

デパスが今、手元にあるなら

今病院で処方されたデパスが手元にあるなら、捨てずにとっておきましょう。
デパスは消費期限が5年です。ですので、いざというときのために保存しておいてください。

ある女性の体験談には「朝礼や自治会の集会でのスピーチ・報告は緊張して、噛みまくっても
支障ないので飲まない、仕事のプレゼンは支障が出るので飲むようにしている」と状況に応じて
飲んでいるそうです。

緊張する場面は必ずしも失敗してはいけない場面ではありません。
失敗しても問題ない場面のときは、薬には頼らないで自力で切り抜けましょう。
そして自力ではどうしても霧にけられない場面や失敗ができない場面でだけ、デパスを使うという
のもひとつの方法です。

ただ薬を処方してもらったときの袋を捨ててしまったり、保存状態が良くなくて薬が不潔になって
いたりする場合は捨ててしまいましょう。

デパスは単品で服用するよう言われることが少ない

デパスは単品で服用するように、医師に言われることが少ないです。
インデラルやレキソタンと併用するように、指示されることが多いです。

インデラルは心拍数を抑える薬で、レキソタンはデパスと同じ抗不安薬で不安や緊張を抑えます。
デパスが頓服薬であるのに対して、インデラルは常用薬です。
レキソタンも頓服薬として処方されることもあれば、常用薬として処方されることもあります。

デパスとセットの場合は常用薬をレキソタン、頓服薬をデパスという服用法を支持されることが多い
です。レキソタンは効果が12時間続くといわれているので、1日に飲む量は少ないです。
併用すればもちろん、副作用の危険性は高くなります。
緊張しなくなっても、めまいやたちくらみに悩まされ続ける生活になるのは困りますよね?

私はこうした副作用や薬を増やされるリスクがないテキストなどのほうが、あがり症治療に向いて
いると思います。

デパスと似た効果を得られる市販薬は海外薬

デパスは病院で医師の診察の元、処方される薬です。
どうしても自分で買いたい場合は、デパスとした薬を購入しましょう。

調べてみると、うつ病に効果的と言われているイファクサーがありました。
抗うつ剤で効果が高いけれど、副作用が少ないというメリットがあります。
また1日1カプセル飲めばいいので、続けるのが楽ですね。
ただ海外薬なので、日本人には効果が強すぎるのではという意見もあります。

うつ病以外のパニック障害、不安障害、ストレス障害などに効果が期待できるのはジョイゾロフト。
主成分はセルトラリンで、精神的な不安要素を抱えている人にも、そうではない人にも効果があると
証明されています。ただこれも海外薬ですので、日本人には合わない可能性があります。

またレクサプロという精神的不安を抑える効果がある市販薬もあります。
うつ病やパニック障害、脅迫障害などの治療に使われています。
この薬は服用を途中で辞めても、禁断症状が出ないというメリットがあります。
ただ海外の薬なので、効きすぎてしまう可能性もあります。

他にはうつ病とパニック障害の人によく処方されるパキシル、憂鬱な気分を軽くしてくれるサインバルタ、
うつ症状だけではなく不安・不眠の症状にも効果があるバスパー、体制がつきにくいセディール、憂鬱な
気分にゆっくり効果を発揮するフルオキセチンなどがあります。

どれも海外薬だから通販で個人輸入する必要があるし、日本人の体質に合うのかも心配です。
私はテレビで「海外の睡眠薬は日本人には効きすぎて、睡魔がガツンと来る」とタレントが話して
いるのを見たことがあります。精神面に作用する薬も同じ可能性があるので、私は抵抗があります。

漢方薬は効果が出るのに時間がかかる

デパスと似た効果が期待できる市販薬の他には、漢方薬もあがり症に効果が期待できるといわえれて
います。しかし、デパスや西洋薬と違ったデメリットがあります。

それは効き方が穏やかだから、作用し始めるのに3か月くらいかかるということ。
漢方薬は人の体質を変えて、困っている症状を抑える効果が期待できるものです。
ですので即効性がある西洋薬と違い、じわじわと少しづつ効果を発揮する仕組みなのです。
3か月間毎日飲み続けてやっと効果を実感するためには、辛抱強さが必要です。

でも緊張するし、どうしても失敗できない場面が3か月以内にある場合は漢方薬では間に合いません。
しかも国内のあがり症に効果が期待できる漢方薬はほとんどが、生薬(漢方薬の成分)を主成分と
しているので、同じことがいえます。

私は副作用のリスクがある西洋薬も、効くまでに時間がかかる漢方薬もあがり症の治療には向いて
いないと思います。それよりも緊張しやすくなっているのを薬なしで改善するテキストを買って
見たほうがいいと思いますよ。

Q1デパス2㎎を飲んだら緊張しなくなる?

A:デパスの2㎎を飲んだら、緊張しなくなるという口コミをいくつか見ます。
でも「とても眠くなった」という口コミも多く見かけます。

デパスはリラックスする効果が期待できるので、効きすぎてしまって眠気が来ることがあります。
そういう場合は1㎎にしてもらって、あがり症の症状と眠気がどうなるか確認しましょう。
薬の効き目には個人差があるので、一概に2㎎が効くかどうかは言えません。
詳しいことは医師に相談してみましょう。

Q2デパスを2週間飲んだけど効果がいまいちだったら?

A:デパスを飲んで効果がない場合は、ほかの薬にする必要があります。
でも抗不安薬の中で平均以上に強い効果が期待できるデパスから変えるなら、もっと強い薬です。

強い薬は副作用が心配なので、薬以外の治療法を考えたほうがいいですね。
例えばでパスの飲む量はそのままで、薬以外の対処法を実践してみてください。
デパスの量を増やすという方法もありますが、詳しくは医師に相談してみましょう。

Q3あがり症にはインデラルとデパスの併用が一番効果的?

A:あがり症にはよくインデラルとデパスが処方されます。
確かに効果を実感している人は多いですが、実感できていない人の口コミもいくつか見かけます。

インデラルは心拍数を抑え、デパスは不安や緊張を抑えるので身体的効果と精神的効果であがり症を
改善することを目指して、こうした処方の仕方をする医師は多いです。
でも薬の併用は、それだけ副作用のリスクをあげてしまいます。
薬にはできるだけ頼らないほうがいいので、医師と詳しく相談してみましょう。

Q4デパスや市販薬で治らないとき自力で治す方法はありますか?

A:デパスや市販薬で治らないときは、自力で治すしかありません。
また薬で治っても対処療法でしかないので、あがってしまうことそのものは治らないのです。

あがり症を根底から治すためには、薬以外の治療法が必要です。

私が実践してみて効果があったのは、専門家が監修したテキストでした。
「緊張してしまうことを気にしない」などの精神論ではなく、具体的にどう準備・練習すればいいの
かという対処法が書かれているので、とても参考になります。
具体的な方法が分かれば、あがり症を治す努力はこんなにしやすいのかと驚きました。

薬のことは医師に相談して決めて、自力でどうにかしたいならテキストを買ってみてください!

-あがり症の薬

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2018 All Rights Reserved.