*

あがり症の薬

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)はあがり症に効果がある?

投稿日:

あがり症を改善するための本やDVD、セミナーはたくさんありますが、効果を実感している人は
とても少ないです。処方薬や市販薬も効果には個人差があるので、治った人は少ないです。

しかも薬に効果があっても飲み続けないといけないので、薬で完治することはできません。
ただ処方薬よりも漢方薬のほうが副作用が少ないし、自然な効果が得られます。
病院でも処方してもらえますが、ドラッグストアで買うこともできるので試している人も多いです。

ただ私は漢方薬よりも、専門家が監修したテキストのほうが効果がありました。
私はあがり症を改善するには、薬よりもテキストの対処法を実践していく方がいいと思います。

あがり症で喉が詰まる人によく処方される薬

あがり症で喉が詰まる人によく処方される薬は、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)です。
喉の異物感がある人によく処方されているので、効果が期待できます。

半夏厚朴湯は喉のつまりだけではなく、ふさがった気分を開く薬といわれています。
生命活動の根源的なエネルギーである気をサポートする「気剤(きざい)」という種類の生薬で、
体力が中程度の人に向いています。

不安神経症、不安感などの症状を改善します。
あがり症で人前に出る時に席が出たり、むせたり、しわがれ声になってしまう人に向いています。
また気分が落ち込んでいるときに、のどに異物がへばりついている感じになり、何度つばを飲み込ん
だり、うがいしても変わらない時にも効果的といわれています。

のどの異物感以外にも胃腸不調にも効果的

半夏厚朴湯は喉の異物感だけではなく、胃腸の不調にも効果が期待できます。
不安になったり、緊張したりすると下痢や便秘になったり、腹痛を感じることがしますよね?

その症状を抑える効果があるといわれています。
精神性胃炎、嚥下障害などに悩んでいる人にも処方されるので、心身ともに症状がある人にいいそう
です。ただ声の震え、手足の震え、赤面などへの効果は期待できません。

ツムラの半夏厚朴湯には、ハンゲ、ブクリュウ、コクボク、ソヨウ、ショウキョウを配合しています。
ブクリュウは利尿作用、滋養、鎮静、血糖降下などの効果が期待でき、コクボクは胃粘膜の修復、
体の酸性の度合いを調整する効果が期待できます。

ソヨウは興奮性発汗、鎮咳、品性、鎮痛、利尿などの効果が期待でき、ショウキョウは食欲増進、
発汗などに効果が期待できます。発汗への効果は期待できますね。

半夏厚朴湯の1日の摂取量

半夏厚朴湯は生薬ですが、1日の摂取量は決まっています。
飲む時間には指定がありませんが、できるだけ規則正しく飲んだほうが効果が出やすいです。

成人の場合は1日7.5gを2~3回に分けて服用します。2回にする場合は午前中に3.5g、午後4g。
3回にする場合は2.5gづつとりましょう。また飲み忘れに気が付いても、2回分をいっぺんにとるのは
危険なので辞めてください。

半夏厚朴湯は2歳未満は服用できません。
2歳以上4歳未満は3分の1包を1日2回、4歳以上7歳未満は2分の1包を1日2回、7歳以上15歳未満は3分の
2包を1日2回飲みます。成人の場合は1苞を2回という飲み方もあります。

半夏厚朴湯が効果があったという口コミ

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は、どんな人に効果があるのでしょうか?
口コミをまとめてみました。

「職場の人間関係で悩んでいる時期に、一番苦手な同僚と一緒に仕事をすることになってしまいました。
しかも私が仕切る流れになってしまい、毎日ストレスを感じていました。半夏厚朴湯を飲み始めたら
仕事へ行く憂鬱加減が軽くなり、苦手な同僚とも抵抗なくコミュニケーションがとれています」

「家族の病気の介護で、仕事との両立で疲れ切って、人前に立つと動悸と息切れがするようになり
ました。半夏厚朴湯を飲み始めて、息切れが軽くなったような気がします」

このような感想があり、極度のストレスで余裕がなくなっているときに短期間だけ服用するのも
ひとつの方法です。ただ半夏厚朴湯だけであがり症やストレス状態を改善してしまうと、精神的に
依存してしまう可能性があります。ですので半夏厚朴湯と対策を一緒にして、薬物依存に注意しな
がら症状を改善していきましょう。

また口コミを読んでいるうちに「半夏厚朴湯は太るのでは?」という質問がありました。
しかし、口コミで「半夏厚朴湯を飲み始めてから太った」というものは見つかりませんでした。
ただ生薬の副作用でむくんでしまうことはあるので、むくみは出るかもしれません。

しかし、半夏厚朴湯に含まれている生薬に利尿作用がある成分がいくつかあるので、むくむことも
あまり考えられないですね。あがり症が緩和されて、イライラが減り、リラックスしたら食欲が
沸いてご飯を食べすぎてしまう…ということは起こるかもしれません。

半夏厚朴湯を飲んで焦燥感が強くなってしまった人の体験談

半夏厚朴湯は神経の高ぶりを抑えて、リラックスする効果が期待できます。
しかし、飲み始めて逆に焦燥感が強くなってしまったという人もいます。

ある男性の体験談には、「半夏厚朴湯を飲み始めたら、今までリラックスして過ごせていたはずの
平日の帰宅時も、帰宅後もそわそわして、強い不安焦燥感にかられるようになりました。3か月以上
先のことでとても不安になったり、将来への不安が募ったりと落ち着きません」と書かれていました。

半夏厚朴湯は体力が中程度ある人に合っている生薬です。
体験談の男性は普段全く運動をしないし、会社が家から近いということなので、体力が低程度だった
のかもしれません。タイプが合わない人が飲むと逆効果になります。

私が参考にして効果があった専門家監修のテキストは、こうしたことは一切ありません。
どんな体質の人でも、性格の人でも具体的で参考にしやすい対処法が掲載されています。

半夏厚朴湯はPMSにも効果的

半夏厚朴湯はあがり症に効果的といわれていますが、PMSにも効果が期待できます。
PMSとは生理前症候群です。

女性であがり症の人の中にはストレスや不安にもともと弱く、生理前になるとイライラが止まらなく
なってしまうという人もいます。私も生理前は緊張や不安がとくに強くなっていました。
あがり症とPMSを併発していると、本当に毎日の生活が辛くなります。

半夏厚朴湯はPMSにもよく処方される生薬だから、2つの症状が同時に治るかといわれています。
しかし効果には個人差があるし、生薬自体が体にとって異物なので、生理の症状が悪化してしまう
可能性もあります。

半夏厚朴湯の副作用はかゆみ、発疹などのアレルギー症状が報告されています。
生理前に肌トラブルが多くなる人は余計にひどくなる可能性もあるのです。
また妊娠や授乳中の女性は半夏厚朴湯を飲む場合、医師に相談しないといけません。

半夏厚朴湯以外のあがり症に効果的な生薬

半夏厚朴湯以外のあがり症に効果が期待できる生薬には、さまざまな種類があります。
半夏厚朴湯を試してみても効果がなかった場合は、他の薬に替えましょう。

体力の程度を問わず処方できる生薬の五苓散(ゴレイサン)は、ストレスでむくんだり、吐き気、
下痢、頭痛、腹痛などの症状を抑えます。急性胃腸炎、二日酔い、尿毒症、めまい、胃下垂などへの
効果も期待できます。

女性特有の病気によく処方される桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は、めまい、のぼせ、頭痛、
冷え、更年期障害、打ち身、出血などへの効果も期待できます。男性にも効果があるといわれている
ので男性であがり症に苦しんでいる人にもおすすめです。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)はのぼせ、冷え、月経異常などへの効果が期待できます。
口コミには「人前に立つ数日前からヒステリーを起こしていたけど、それがなくなった」と書かれて
いました。精神的な異常症状にも、効果が期待できます。

他には不妊症、むきみ、めまいなどへの効果もある当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、生理不順、
生理痛、イライラ、不安などにも効果が期待できる桃核承気湯(トウカクジジョウキトウ)、冷えに
よるのぼせなどにも効果が期待できる温経湯(ウンケイトウ)などがあります。

あなたのストレスチェックをしてみよう

あがり症を改善するためには、自分のストレスを改善する必要があります。
あなたのストレスチェックをして、自分の精神状態を把握してみましょう。

あがり症と誤解している人の中には、ストレスのたまりすぎて精神的に余裕がなくなっているだけ
の可能性もあります。少し休んだり、気分転換をすればそれだけで人前に立つ余裕が出ることも。
またストレスチェックをして、ストレス値がとても低い可能性もあります。

そういう人は自律神経が副交感神経に偏りすぎているのです。
興奮したり、忙しい状態が続くと交感神経が活性化しすぎていますが、だらだら過ごしていたり、
仕事に無気力になっていたりすると副交感神経が活性化しすぎてしまいます。

副交交感神経が活性化しすぎていると、ストレス耐性が低くなります。
いつもなら平気な人前でとても緊張してしまったり、苦手な人と話をするのも抵抗を感じたりします。
こうしたことが原因の場合は、漢方薬は効果的ではありません。

毎日少しづつ仕事の量を増やしたり、家事をする時間を増やして忙しさやプレッシャーへの体制を
元に戻しましょう。

自律神経のバランスが崩れている人がやりがちなこと

交感神経が優位になりすぎている人も、副交感神経が優位になりすぎている人も自律神経のバランス
がくずれています。そういう人には共通の行動や症状があります。

消化器官が不調になったり、かぜをひきやすくなったりします。
また不安やイライラ、気力の低下を引き起こし、生活習慣が乱れ、自閉傾向になります。
普段は明るい人なのに人と話すのが嫌になり、人と同じ行動をとるのがとてもストレスになります。
規則正しい生活を送り、運動やストレッチ、マッサージをして健康状態を高めましょう。

半夏厚朴湯に頼らないあがり症の改善方法

半夏厚朴湯に頼らないあがり症改善方法は、たくさんあります。
どれも身近な方法なので、コツコツ続けていきましょう。

半夏厚朴湯で期待できる効果は、のどのつまりです。
ですので、のどのケアを毎日しましょう。
とくに秋冬の乾燥している時期は、夏のエアコンをつけて寝ているときも喉のケアを忘れずに
しましょう。

ケアはとても簡単でこまめに水分補給をして、寝るときは首にタオルかマフラーを巻いて寝てくだ
さい。エアコンを付けて寝るときはできるだけ顔にエアコンの風がかからないようにして、エアコン
の位置的に冷風が当たってしまう場合は、マスクをして寝ましょう。

他には週2回以上運動をする時間を30分以上設ける、太陽を浴びる習慣を持つ、腹式呼吸を毎日して、
浅い呼吸を改善する、パソコンやスマホをやっているときのストレートネックを治してください。

ストレートネックは、顎髄が30度以下に傾斜している状態のことをいいます。
つばが飲み込みづらくなるし、水分や食べ物が喉につまりやすくなります。
ストレートネックを治すには、姿勢を正して顔だけを思いっきり前に出します。
顎を片手で押して、できるだけ奥に引っ込めます。これを2~3回繰り返すだけです。

ストレートネックを治すと、姿勢がよくなり、肩コリや首コリ、頭痛、目の疲れなどを改善すると
いわれているので、あがり症の人におすすめです。

緊張や不安を抑えるのに効果的なイメージ

緊張した時や不安になったときは、「これをイメージすると気持ちが抑えられる」というイメージを
持つことが大切です。

泥水を容器にいれて、しばらく放置すると下の方に泥が沈殿します。
自分が大きなコップに入ったイメージをして、周りに漂っている緊張が不安が泥水の泥のように
ゆっくり足元に沈殿していくところをイメージしてください。
これを具体的にはっきりできるようになると、緊張や不安を感じてもすぐに落ち着くことができます。

私はこうした人前に出る直前にできる対策を、いくつか持っています。
半夏厚朴湯はあがり症に効果が期待できる生薬ですが、突然人前に立つことになったり、苦手な人と
一緒に仕事をすることになったときに、飲めないのがデメリットです。

イメージのような道具がいらない対処法なら急に人前に立つ場合でも、すぐに実践できるから安心です。

Q1半夏厚朴湯は抗うつの治療に効果はある?

A:あがり症で毎日の仕事や学校が辛くなり、うつ状態になってしまうという人もいます。
病院で半夏厚朴湯を処方されることもありますが、うつ病にはある程度効果があります。

しかし漢方薬はゆっくりと効果を発揮するので、即効性はありません。
コツコツ飲み続けて症状が緩和されるのを待って、生薬と相性がよくもし症状が緩和されたら薬以外
の治療法も初めて治していくというのが一般的な治療法です。

薬物療法がメインではなく、薬物とそれ以外の治療法をバランスよくやっていくことが多いです。
詳しいことは医師に相談してみましょう。

Q2不安やあがり症に半夏厚朴湯は効きますか?

A:体力が中程度であがり症や不安の症状がある人に、効果があるといわれています。
しかし、生薬には相性があるので確実に効果があるとはいえません。

以前生薬を飲んでアレルギー症状を引き起こしたことがある人は、またアレルギー症状が出てしまう
かもしれませんので、注意が必要です。また効果が出るまでに1~3か月かかるので、根気が必要です。
人前に立つ場面が1か月以内に訪れる人は、即効性のある西洋薬を飲んだほうがいいでしょう。
詳しいことは医師に相談して、あなたに最適な治療法を考えてください。

また薬に頼って治療すると、薬を飲んでいないときは人前に立てなくなってしまいます。
ですので、薬以外のテキストの対処法なども試してみてくださいね。

Q3半夏厚朴湯であがり症が完治した人はいますか?

A:半夏厚朴湯はあがり症に効果があるといわれていますが、完治をした人はほとんどいません。
生薬は西洋薬ほどの効果は期待できないので、症状を抑える程度の効果までなのです。

半夏厚朴湯があなたにとてもよく効いたとしても、大切なのは薬に頼らないことです。
規則正しい生活をしたり、人前や苦手な場面に行く準備と練習を徹底して行いましょう。
どんなに努力しても治らないという場合は、努力の仕方を間違えているのかもしれません。
専門家監修のテキストで、正しい努力の仕方を知るといいでしょう。

Q4半夏厚朴湯と飲み合わせが禁止されている生薬はありますか?

A:半夏厚朴湯と飲み合わせが禁忌とされている薬はありません。しかし、併用注意に指定されている
のは、芍薬甘草湯、フロセミド錠、ラシックス錠、フルイトラン錠、グリチロン配合錠です。

持病があってこれらの薬を飲んでいる場合は、基本的に半夏厚朴湯を飲むことはできません。
ただ詳しいことは医師に確認する必要があります。病院へいく時間がないときは薬局で薬剤師に相談
をしてみましょう。自己判断で併用すると、危険なので気を付けてくださいね。

このように効き目が穏やかな生薬でも併用に注意が必要な薬があったり、副作用があったりします。
西洋薬ほどの副作用はありませんが、体調管理をきちんとして、体の変化に気を付けながら飲む必要
があります。

あがり症の症状に苦しんでいるときに、さらに心配事が増えるのは辛いですよね?
副作用や飲み合わせなどの心配がなく、物事の考え方からあがり症を改善できるテキストを試して
みてください。

私はあがり症を改善できないと思っていましたが、このテキストで自分としてはなかなか納得
できるくらいに症状が抑えられました。今まで「薬を飲んでさっさと治したい」と楽をしようと
していた考え方も正してもらえた気がします。

-あがり症の薬

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2019 All Rights Reserved.