*

あがり症の薬

人が怖いと思う対人恐怖症を改善するかんたんなコツ

投稿日:

あがり症、緊張しやすいなど人間関係におけるさまざまな悩みを抱えている人がいますが、それら
の悩みが深刻化すると、「人が怖い」「人とかかわるのが怖い」という心理状態になってしまいます。

この心理状態が長く続くとうつ病や精神疾患になってしまうので、放置するのは危険です。人が怖い
と悩んでいるけど、病院へ行くのも怖いからなんの対策もできずに毎日苦しみながら生活をしている
人はとても多いといわれています。

人が怖いという症状は対人恐怖症です。きちんとした対策を打って、少しづつ改善していきましょう。
私も以前はあがり症で人前がとても怖かったですが、専門家監修のテキストを読んでかなり改善し
ました。症状が少し違いますが、必ずよくなるので少しづつ頑張ってみてください。

対人恐怖症の大きな原因は生まれ持った気質と環境

対人恐怖症は、ほとんどがその人がどうすることもできないことが原因になっています。
人が怖いと思う主な原因は生まれ持った気質とその人が育った環境なのです。

人格がまだ形成されていないといわれている赤ちゃんのときでさえ、いろいろなタイプの子がいる
ので生まれ持った気質はあるといわれています。これは親からの以前が大きいところですが、もともと
引っ込み思案で大人しい子は、成長していく過程で要所要所で「おとなしいね」とか「人見知りするね」
と言われてしまいます。

その言葉でさらに引っ込み思案になり、人見知りになり、内向的な性格になっていくのです。そして
思春期を迎えるころには「人間関係が苦手」「人が怖い」と思うようになります。こうした気質の子
でも両親や周囲がうまくサポートしていれば、社交的な子になるのですが、内向的な子へのサポート
は難しいため、多くの子は生まれ持った気質のまま大人になっていきます。

気質を変えなくても人が怖いと思わなくなる理由

生まれ持った気質と育った環境が主な原因なら、もう治しようがないと思うかもしれません。
しかし内向的な人でも人が好きな人は多いので、生まれ持った器質まで変えなくても治ります。

内向的な子でも2歳までに両親と密接な関係を築くことができればアタッチメント(愛着)が生まれ、
心のよりどころができます。心のより心を持つことで精神的に不安定になったり、恐怖を感じる場面
に遭遇しても安定していられるのです。

ですので、あなたの心のよりどころを作りましょう。趣味に力を入れたり、家族とのコミュニケー
ションを密に取るようにしたり、部屋をおしゃれにしたり、カフェ巡りをしたりと楽しいと感じる
ことをコツコツ続けて積み上げていくことで、自信を保てます。

ある女性の体験談には「学生時代からしたいと思っていたギターを始めたら、少し精神的に楽になった。
いつもは外出してから帰宅するまでずっと緊張しているのに、最近は人が少ないところではホッとでき
るようになった」と書かれていました。

自己実現をすることで自分に自信を持てて、精神状態も安定する効果が期待できるようです。私も
人前が苦手でしたが、自分に自信を持てたら、少しだけ平気になったので、自信を持つことは大切
だと思います。

まずは一番身近な人との関係をよくしていく

人が怖いのを克服するためには、「初対面の人に自分から話しかける」とか「新しいコミュニティに
参加する」などの方法が効果的と言われています。

でもあがり症よりももっと深刻な対人恐怖症の人が、これをするのは至難の業です。
ですので、身近な人との関係から良い方向へもっていきましょう。家族、学生時代からの友人、同僚
などと心を開いて会話をし、定期的に自分から連絡を取ることで、人への恐怖心を克服していけます。

人と話すときに必要以上に緊張する、人と話すと異常に疲れる、自分への評価が気になる、手が震える、
発汗する、赤面するなどの症状がある場合は、親しい人の前でもこの症状が出るか確認してみましょう。

2種類ある人が怖いという感覚

人が怖いという感覚には、2種類あります。
自分主体のものと、他人主体のものです。両方の恐怖を感じている人もいます。

例えば人前で恥をかくのが怖いという私と同じ悩みを抱えている人は、自己主体性の恐怖です。
一方自分が緊張して上手く話せないことで相手に迷惑をかけることが怖い人は、他者主体性の恐怖です。
日本人は昔から「人様に迷惑がかかることだけはしないように」を言われてきました。ですので、
日本人には圧倒的に他者主体性の恐怖が多いといわれています。

また対人恐怖症の人は孤独になることを恐れていますが、それと同じくらい人と親しくなることを
恐れています。人間関係が苦手なので、連絡をふつうにとりあって食事をするだけでも辛いのです。
これは対人恐怖症の発症原因に関係しています。

対人恐怖症の約75%の人は15歳以下のときに、学校でいじめや友達とケンカして関係が崩れたこと、
人の輪にうまく入れなかったことが原因で発症しています。それなのにほとんどの人は30代に入って
から病院などに相談しているのです。

発症から15年くらいは、ひとりで抱え込んで生きていることになります。これはQOL(生活の質)を
下げる大きな原因になるので、はやめに対処する必要があります。

主な対人恐怖症の症状

対人恐怖症にはさまざまな症状がありますが、ここでは代表的なものを紹介していきます。
病院へ行くのに抵抗がある人も、ここで自己診断をしてみてください。

赤面する、会話をすると表情がこわばる、会話をすると気が休まらない、雑談場面を避ける、飲み会
などに参加できない、人前できちんとしないといけないと強く思うがいつもできない、ダメな部分を
観られてはいけないと強く思うなどです。

対人恐怖症の人はプライドが高かったり、本音を相手に観らせられないために、自分のダメな部分を
さらけ出すのがとても苦手です。私も親しい友達になら失敗談をふつうに話すことができますが、
彼氏や最近できた友達、同僚などには失敗談を離したことがないような気がします。

自分ではプライドが高いつもりはありませんでしたが、今思うとプライドが高かったのかもしれません。
専門家監修のテキストを読んで、対策を実践していくうちに、少しづつダメなところも見せられるよう
になり、今までよりは心がほぐれたと思います。

沈黙を受け入れられるようになると人が怖いと思わなくなる

対人恐怖症の人は初対面の人とも、それ以外の人とも会話をするのを怖がっています。
しかし沈黙を必要以上に怖がると、相手に悪い印象を与えてしまうので気を付けましょう。

まず沈黙になったときに「気まずいどうしよう」と焦っていると、相手にもその焦りがバレてしまい
ます。そして相手も気まずい気持ちになってしまうので、「会話をしているときは沈黙になること
ぐらいある」と受け入れてください。

また沈黙を破るときは天気の話、ニュースの話、共通の話題(会社、学校、駅前など)などの無難
なものを選びましょう。焦って変な話題を振ってさらに空気が悪くなってしまったり、相手が不快
な思いをしてしまう可能性があるからです。

沈黙があると決まづいと思うかもしれませんが、今までの会話の内容を整理するためやホッと一息
つくために必要です。相手も会話のネタを考えているので、そのために必要な沈黙だと理解しましょう。

また話題に困ったときは目の前にあるものの話題、さっきまでの会話のネタを掘り下げる、沈黙が
気まずいということを話題にする、小さい失敗談を話題にするなどして沈黙を切り抜けてください。
また相手を褒めたり、相手に興味を持ったりして、相手に重きを置いた会話をしましょう。

対人恐怖症以外の人が怖い人がなりやすい病気

人が怖いと思っている人は、対人恐怖症になりやすいです。
しかし、それ以外にもなっている可能性がある病気があります。

例えばパニック障害です。突然強烈な不安に襲われて、動悸や息切れ、強い不安、緊張、焦燥感など
に襲われてしまう病気です。呼吸困難、めまい、立ち眩みなどの症状が出てしまうので、外出を避ける
ようになり、引きこもりになる一因といわれています。

また社交不安障害(SAD)という人前に出たり、苦手な場面に直面するのが怖くなる病気にもなりやすい
といわれています。とくに局面型という人前や異性の前などの特定の場面だけ症状が出るのではなく、
全般型という自宅以外のすべての場面で緊張したり、不安になったりする症状もあります。

人が怖い人に向いている仕事は在宅ワーク

人が怖い人に向いているのは、人目を気にしないで仕事ができる在宅ワークです。
外出をしないので、「仕事以前に通勤が辛い」という人にも向いています。

自宅でできる仕事を在宅ワークといいますが、現在はさまざまな無料で登録できるサイトがあります。
人気サイトをネットで検索してみると、ランサーズやシェフティなどのサイトがありました。
こうしたサイトに登録してから仕事を始めると、初心者で人脈がなくても収入が得られます。

在宅でできる仕事には翻訳、イラストレーター、陶芸、ライター、作家などの仕事があります。最近
はブログで人気になり、単行本を出版するという人もいるので、副業感覚でブログを始めて広告収入
を得るのもいいと思います。

こうしたことをすれば自信が持てるようになるし、「つらくなったらこっちで生活をすればいいから、
いつでも仕事を辞められる」と精神的に余裕を持てるようになります。

幸せになるために必要なものに目を向けて

人が怖いと思っている人は、恐怖の対象にしか注目していないことが多いです。
でも恐怖の対象しかみていないと、幸せに生きることはできません。

幸せに生きるためには経済的安定、健康、支えのある生活、地震、楽観的な考え方、バランスの
とれた思考が必要といわれています。人と一緒に仕事をするので経済的安定も健康も、すべて人と
かかわって作っていくものです。

ですので、人が怖いと思っていると人生をつくるすべてのものに支障が出てしまう可能性があります。
人と関わることが最終目標ではなくて、こうした人生を豊かにするものを手に入れるのが最終目標だ
と認識すれば、人と関わることが下手でも、一部の人と信頼関係を築ければ、幸せになれます。

人とうまく話せなくても仕事が続けられて、収入が手に入ればいいと目標を下げることで自己実現が
しやすくなり、満足を得やすくなります。

また完ぺきな人はいないので誰にでも欠点はあります。あなたは自分の欠点にばかり目を向けていて、
人の欠点に目を向けていないから、「周りの人が自分よりも圧倒的に上」と誤解してしまっているの
です。よくないことではありますが、周りの人の欠点を探しましょう。そして、「この人たちもこれ
くらいの欠点はあるんだから、私と大差ないな」と思えたら、人への恐怖心は軽くなりやすいです。

自己否定を始めてしまったら…

人が怖いと思っている人は自己否定をはじめると、止まらなくなってしまうという傾向があります。
これを改善するのは、とてもかんたんです。

それは今している行動と、違う行動をするだけです。
例えばリビングでテレビを観ながら、過去のトラウマ体験を思い出して、「あの時にああしていれば、
あれが社会人になってからあの体験とあの体験に結び付いていて、だから自分はダメなんだ」と思い
始めてしまったら、キッチンへ行って飲み物を用意しましょう。

また会社でパソコンに向かって仕事をしているときに午前中に同僚と話をして、長い沈黙が続いて
しまったことを思い出し、「同僚とも会話がはずまないなんて…」と思ってしまったら、コピーを
とりに行ったり、上司に仕事の進行状況を報告したりしてください。

小さな成功体験を積み重ねて人が怖いのを克服しよう

人が怖いと思っている恐怖心や過去のトラウマは、成功体験を積み重ねることでしか克服すること
ができません。

ですので小さな成功体験を積み重ねて、自信を取り戻してください。
例えばいつもは寄らない駅の売店で飲み物を買う、いつも入らない本屋で雑誌を買うなどしましょう。
これも「いつもは人と話すのが嫌だから避けてたお店を利用できた」という立派な成功体験です。
またいつも使っているスーパーなどでレジの人に話しかけられたときに、顔を見て返事をしましょう。

こうした小さい成功体験を積み重ねていけば、近所のスーパーなら店員の顔をみて返事ができる→
ちょっと離れたところにあるお店でも顔を見て話ができる→初めて行ったお店でも顔をみて話ができ
るというふうに段階的に克服していけます。

会話も家族にちょっとした失敗談を話すことからはじめて、友達→同僚→先輩と広げていけば、
徐々に砕けた会話もできるようになります。人が怖いなどの大きなコンプレックスを抱えている人
たちは自分から行動しようとはしません。でも小さいことから初めて徐々に大きなことに挑戦して
いけば、自分を変えることができます。

コツはできるだけ毎日続けることです。習慣になるまで続けて、無意識レベルでできるようになった
ら人が怖いのを克服できたということになります。おとなしい性格や口数が少ない性格まで変える
必要はありません。人への恐怖心だけを改善していきましょう。

Q1人が怖い人ので仕事に集中できずミスを連発してしまうのを改善する方法は?

A:人目を気にしながら仕事をしていると、神経がすり減ってしまいます。
でも職場の人達は仕事をしているので、1日中あなたを見ているわけではありません。

ですので、「みんな仕事中だから私を観てないから、私も仕事に集中しよう」と意識を変えてくだ
さい。もしあなたのことをよく見ている人がいるとするなら、あなたがその人を注意深く観察して
いるから、視線を感じてみているのです。それをやめれば、人目を気にしなくなります。

Q2異性が怖くて恋人ができないのですがどうしたらできますか?

A:異性への恐怖は、学生時代のいじめや異性親からの虐待などが原因で起こります。
ですのでトラウマを思い出すときは俯瞰で思い出しましょう。

いじめられている自分といじめている子を大人のあなたが俯瞰で上空から見ているところをイメージ
すると、「あれはもう過去の出来事なんだ」と安心することができます。大人のあなたが教室に入っ
ていって、いじめっ子をしかりつけるところを空想できれば、さらにトラウマを解消しやすくなります。

ついつい思い出してしまう辛い思い出から、過去のうっぷん晴らしに替えてしまえばトラウマが怖く
なくなり、異性への抵抗もなくなります。また異性向けファッション雑誌を買って、流行などを調べ
てみると、異性の気持ちが少しわかるようになります。

Q3人が怖いのを克服するためにポジティブになる方法は?

A:いきなりポジティブになれといわれても、どうしていいかわからない人がほとんどだと思います。
私もそうですが、精神疾患を抱えている人は性格が暗い人が多いからです。

ポジティブになるためには自信が必要です。自信を持つためには、毎日の努力が必要です。
今までしていなかったことを毎日続けてみましょう。料理をする、部屋の整理整頓をする、ガーデ
ニングをするなどなんでもいいので、続けることで自信が持てるようになります。

またずっと前から興味があったけど、やっていなかったことにきちんと向き合い挑戦してみてくだ
さい。そうすると、自己実現ができるので、自信が持ててポジティブになれます。

Q4人が怖いくせに一人になるのが怖いです。矛盾した性格を治す方法は?

A:自信がなくなれば人と接することも、孤独になることも怖くなるので、矛盾ではなく当然です。
おかしいことではないので、治す必要はありません。

でも自分に自信を持ったほうがいいですね。あがり症や対人恐怖などの専門家監修のテキストを
参考にできそうな対策をどんどん実践していってください。私もこのテキストであがり症を改善する
ことができましたよ!

-あがり症の薬

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2019 All Rights Reserved.