*

緊張しやすい

あがり症の治療を東京でするならどこの病院がいい?

投稿日:

あがり症や社交不安障害(SAD)は、多くの人が悩んでいる病気です。性格の問題と誤解してしまう
人もいますが、きちんとした治療や対策を行わないと、悪化していく一方です。

あがり症や社交不安障害は、自然に治ることはありません。自分なりの対策で症状を治してしまう
人もいますが、適切な治療をするまでにかなりの年数がかかる傾向にあります。私もずっとあがり
症で、人前に出ることが怖くて仕方がありませんでした。

早めに適切な治療や対策を行わないと、どんどん症状が悪化してしまいます。ひどくなるとうつ病
や引きこもりになり、人生のキャリアを失うことにもなります。

ですので、ここでは東京であがり症治療を受けられる病院を調べてみました。ただ私をはじめ、
一部の人たちは病院の治療よりも、専門家監修のテキストのほうが効果があったので病院の治療
が合わないこともあると理解しておきましょう。

東京にはあがり症専門の病院がある

私があがり症を改善しようとしたときは、心療内科を受診しました。あがり症は精神疾患だと何かの
本で読んだことがあったので、心療内科へ行けばいいと思ったのです。

結果的に私が受診した心療内科は、たまたまあがり症の知識がある医師がいたので治療を受けること
ができましたが、心療内科医でも専門外の病気はあります。専門外の病気だと医師を紹介されて、
そちらの病院へ移ることになるので、その可能性もあることを理解しておきましょう。

そういった心配がないのは、あがり症や社交不安障害(SAD)の専門クリニックです。
東京で専門クリニックがないか調べてみると、本郷心療内科がありました。本郷心療内科では書痙と
いう人目があるところで字を書こうとすると、手が震えて書けなくなる病気です。専門クリニックは
少ないですが、悩んでいる人は多いです。

東京近郊に住んでいる書痙の人は、一度受診してみてください。
ただ自由診療なので保険が適用外です。本郷心療内科の場合は診察代と5回分の薬で4,500円かかります。
一般的な治療と比べると高いので、継続させるのが辛い場合もありそうですね。

ハードルが低い課題から少しづつあげていく治療

あがり症を改善するためには、場数を踏めばいいとよく言われています。
そのため緊張しやすいのに、無理をして人前に出る仕事や役割を選ぶ人が多いです。

でもただ単に場数を踏んでもあがり症は改善しません。改善させるためには、その人の緊張度合い
にあったプログラムを組んで、ハードルが低い課題を設け、それができたら少しハードルが高い課題
をこなすという風に、少しづつ緊張に慣れていく必要があります。このプロセスを踏むのに、病院の
サポートが必要な場合もあります。

例えば東京都内なら「横山クリニック」は、あがり症や社交不安障害(SAD)向けの治療を行ってい
ます。精神安定剤、SSRIなどの抗うつ剤を処方してくれるので、利用する人が多いようです。
ただあがり症に効果が期待できる薬には、依存性があるので気を付けましょう。

東京で催眠療法を受けられる病院

あがり症の治療には、催眠療法も効果的といわえれています。
東京都内に催眠療法を受けられる病院はあるので、興味がある人は受診してみるといいでしょう。

催眠療法について調べてみると、催眠薬を飲ませてあがり症や社交不安障害(SAD)などの症状を鎮静化
して、これを繰り返すことで症状を治していく治療法です。あがり症の人は、人前に出る当日だけ強い
緊張にさらされているわけではありません。人前に出ることが決まってから当日まで、ずっと不眠に
なってしまう人や精神的なプレッシャーで体調不良になってしまう人などがいます。

私も以前は人前に出る日の3日前くらいから寝つきが悪くなり、毎回少し寝不足状態で人前に出てい
ました。催眠療法で適切な睡眠時間を設けてくれるなら、体調不良なども改善しやすいですね。
市販の睡眠薬を飲んでいると飲みすぎてしまったり、依存症になってしまったりするのでそれを防ぐ
効果も期待できます。

ただあがり症そのものを改善したりする治療法ではないので、これと別の薬物療法を受ける必要が
あります。通院する手間が増えますし、費用も増えてしまうので、負担は大きくなります。
ちなみに東京都内で催眠療法をやってくれるのは、心象催眠療法・東京精神心理研究所」です。

依存症は病院の薬にもある

市販の睡眠薬には中毒性のある成分が含まれているものもあります。
それを知らずに飲んでしまうと、徐々に飲む量が増えていってしまい依存症になります。

しかし、病院で処方される薬にも依存性はあります。成分そのものには依存性はないのですが、
「薬を飲んでも効果がないから、たくさん飲んでみようかな?」と摂取量を超えて飲んでしまったり、
「薬を飲んですごく効果があったから、精神的に頼りすぎてしまって、たくさん飲むようになった」
という口コミもあったりしました。

薬の効果がないという人が圧倒的に多いのですが、効果がなくてもあっても依存症になってしまう
可能性があるのが心配ですね。またあがり症に効果が期待できる薬には副作用があるので、それも
知っておきましょう。

私が病院に頼るのをやめた理由

私も以前、ひどいあがり症だったころに病院を転々としたことがあります。
どの病院へいっても思うような効果が得られなかったので、セカンドオピニオンを何度かしました。

でもどの病院へいっても、処方される薬はだいたい同じでした。
緊張であがってしまう心拍数を抑えると言われているβブロッカー、不安や緊張を抑えると言われて
いる抗不安薬、リラックスしているときに分泌されるセロトニンの再取り込みを阻害すると言われて
いるSSRIの3種類です。

私はこのうちSSRIを2種類飲みました。でも効果はありませんでした。
また調べてみると、どの薬も胃痛、吐き気、めまい、頭痛、腹痛、下痢、便秘などの副作用が報告
されていることがわかりました。

口コミを読んでみると、「長年SSRIを飲んでいたら胃が荒れてしまったので、市販の胃薬を併用する
ようになった。もう3年くらい2種類の薬をずっと飲んでて、疑問を感じるけど、緊張するのが怖くて
やめられない」と書かれていました。こんなふうに依存症になってしまう可能性があるので、個人的
に薬物療法は辞めたほうがいいと思います。

でも病院は薬物療法+〇〇療法のように、薬物療法は必ず行います。
またほかの治療法は、基本的に自分で自宅で努力することがメインの治療法ばかりです。ですので、
専門家監修のテキストで病院の治療法と違うけど、効果的な対策を知って、自分でコツコツ治す方が
費用も少ないし、通院する手間もなくていいと私は思います。

病院選びは本当に難しい

あがり症や社交不安障害(SAD)の病院選びは、本当に難しいです。
効果的な治療法が確立されていないので、選ぶ病院によって治療法が大きく変わってくるからです。

医師によってはあがり症や社交不安障害に対して、知識が少ない人もいます。

ある男性の体験談には「病院へ行くたびに出される薬の量が増えてしまって、今ではなんと7種類に
なった。全部精神面へ作用するらしい薬だから、不安。最近ずっとめまいと立ち眩みがひどいのは
副作用のせいなのかな?」と書かれていました。

5種類の薬を毎日飲まないといけない生活は、とても大変だと思います。また薬はどんな種類でも
体にとって異物なので、アレルギー体質になりやすいというデメリットもあります。あがり症で
ただでさえ乾燥肌になってしまったり、肌トラブルがおこりやすくなっているのにアレルギー体質
になってしまったら、苦労が増えてしまいますよね?

でも病院は受診してみないと言い病院かどうか、わかりません。ある意味ギャンブル的な要素がある
ので、私は専門家監修のテキストで対策を打ったほうが安全だと思います。

いい病院の条件とは?

病院には当たり外れがあります。いい病院の条件を知っておかないと、誤診をされても気が付かな
かったり、悪い病院へ通い続けてしまったりします。

ここでいい病院の条件をまとめておくと診療時間が不定期じゃない、患者が多すぎない、予約が取り
やすい、初診の時間が長い、薬物療法以外を進めてくる、説明がわかりやすい、肯定的な言葉を多く
使うなどです。

また心療内科や診療クリニックなどではない、総合病院なども専門医がいない可能性が高いので、
受診するのはやめておきましょう。

駅前で通いやすい病院を選ぶのもポイント

病院選びのポイントは、ほかにもあります。
例えば駅前で仕事帰りに通いやすいことです。

通院する必要があるので、仕事で忙しかったり、学校で忙しかったりするときでも予約した時間に
きちんと通えるよう、駅前や通勤経路上にある病院を選びましょう。例えば「セリエ新宿クリニック」
は、新宿駅南口サザンテラス口徒歩2分にあるので、仕事帰りにも通いやすいです。

平日は19:30までやっているので、17:00に仕事を終えても十分間に合います。
平日の午前中は休診という曜日もありますが、午前中なのでほとんどの人に影響はないと思います。
また土日も受診できるので、平日は無理という人にも通いやすい病院ですね。

ただ「セリエ新宿クリニック」でも、薬物療法は行われているので、薬を飲む際は副作用や依存症
などに気を付けてくださいね。

カウンセリングを受ければ治るという誤解

あがりh奏や社交不安障害(SAD)は、薬物療法だけでは治りません。
しかし、家運sねリングを受ければ治るというものでもないのです。

ある口コミには「片道1時間のところにある心療内科で専門医によるカウンセリングを受けた。
かなり高い治療費だったけど『これで子供のころからの苦しみから解放されるなら』と2か月通った
けどぜんぜんあがり症は改善しなかった」と書かれていました。

どんなにいい医師にカウンセリングをしてもらっても、それだけではあがり症は改善しません。
その理由は、カウンセリングは基本的に自宅での本人の習慣改善が必要だからです。
カウンセリングを受けただけでは、あがり症は治りません。本人が生活習慣・物事の考え方を変え、
ハードルの低い試練からコツコツ克服していかないと、治ることはないのです。

私は病院で医師に「こうすると人前で緊張しなくなるのでやってみてください」とか「こう考えると
けっこう楽になりますよ」とアドバイスをされていましたが、全く実践していませんでした。薬と
医師に治してもらおうと他力本願だったのです。でも自分で努力しないと、あがり症は治らないこと
を自覚すれば、コツコツがんばれるようになりますよ。

あがり症になっている原因は親友という人が多い理由

あがり症や社交不安障害(SAD)になっている原因が、親友にあるという人は多いです。
親友に嫌がらせをされたとか、裏切られたというわけではなく、何気ない言動が原因になるのです。

ある人の体験談には「中学2年生の思春期真っ盛りのときに、親友に彼女ができた。自分は恋愛経験
がゼロだったので、とても追い詰められて『自分は持てなくてダサい人間なんだ』と思った。それ
依頼、女性が苦手になり、20代後半の今も彼女ができたことがない」と書かれていました。

親友に先に恋人ができてしまう、先に大人っぽくなってしまう、成績で差を付けられるなどはよく
あることですが、当事者にとっては大問題ですよね?それで自信を無くしてあがり症や社交不安障害
になってしまう人はとても多いです。

また思春期の女性が男子と話をしているときに赤面しているのをからかわれて、「異性と話をする
ときに赤面したらどうしよう」と心配になり、赤面するのが怖くて異性と話ができなくなってし
まったという人もいます。

ちょっとしたことがきっかけであがり症や恐怖症になってしまうのです。この状態を脱却するため
には、自己評価を上げる必要があります。難関の資格を取得したり、仕事で出世したり、さまざま
な方法で自己評価を上げることはできます。コツコツ努力して自己評価を上げることによって、
「私はここでは劣っているけど、ここでは優れているから大丈夫」と思えるようになります。

友達が少ないことや彼女がいないことは悪いことではないと知ろう

あがり症でもそうじゃなくても、友達が少ない人や恋人がいない人はいます。
でも彼らの全員が全員、不幸というわけではありません。

友達が少なくても趣味や仕事で充実した生活を送っている人もいますし、恋人がいなくても毎日が
楽しいという人もいます。どこかが欠けていたら、どこかで補えばいいのです。簡単に言うと、
「友達に話したくない」と思うことを、「友達に話したい」と思えることに替えればいいのです。

「休みの日は1日中家でゴロゴロしていた」というのを「DIYをしていた」に替えるだけで、充実した
時間を過ごしたことになるし、自己否定をしないで済みますよ。

Q1あがり症で早口になるのを治療する方法はありますか?

A:スマホのメトロノームのアプリをダウンロードして、ゆっくりの店舗に合わせてしゃべれるように
練習しましょう。

プレゼンや発表、スピーチなどの練習をするときにメトロノームを見ながら話してください。
これだけでゆっくりハキハキ話す練習になりますよ。

Q2あがり症と口下手を改善したいのですが方法はありますか?

A:あがり症を改善するためには、人前に出る前に準備と練習を繰り返す必要があります。
口下手を治すためには、話題をあなたではなく相手中心にしましょう。

「休みの日何してます?」「最近なにか映画観ましたか?」「あそこのカフェ行ったことあります?」
など相手に質問をして、その話題を広げるという方法をとれば相手も興味を示してくれます。
あなたも仲が良くない人の趣味の話題をされても、あまり興味が持てないけど、こういう風に自分も
含まれている話題だと、興味を持てますよね?

Q3あがり症で人前に出る数日前から不安で眠れなくなります。対処法は?

A:人前に出る数日前から眠れなくなるのを、予期不安といいます。
対処法は計画的に準備をして、練習をすることですね。

また赤面や発汗がひどい場合は首の後ろに冷えピタを貼ったり、冷たい水分を補給したりしましょう。
また発汗がひどい人は水分をとると汗が出てしまうからととらない人が多いですが、体を冷やすこと
で汗が出にくくなるというメリットがありますよ。

Q4笑顔恐怖症で悩んでいますが、対処法はありますか?

A:笑顔恐怖症は自分の笑顔は醜くて、人に不快感を与えるのではないかと不安になる病気のことです。
これを改善するためには、自分の笑顔を知る必要があります。

スマホでカメラに向かって微笑んでみたり、テレビを観ているときの自分の顔を動画で撮影して、
笑った顔を後でチェックしてみて、実際はどういう笑顔なのかをチェックしてみましょう。恐怖症に
なっている人は自分の症状を実際の何倍も醜い・ひどいと誤解しています。現実を知ることで、
そこまででもないと思えたら、安心して人目があるところでも笑えるようになりますよ。

また東京に行ける距離に住んでいない人は、近所の心療内科を受診することから初めてみてください。
その病院から別の病院を紹介してもらうこともできるので、まずは通いやすい病院を選びましょう。

あがり症を改善するためには、あなたに合った対策を知る必要があります。もし病院で医師に相談
してもいい対策が出てこなかったら、専門家監修のテキストを読んでみてください。

-緊張しやすい

Copyright© あがり症を克服した方法は薬でもセミナーでもなく , 2019 All Rights Reserved.